Home
恋学園BL編
大変な人気を博した、恋学園 (乙女ゲーム)からスピンアウトした、切ないライトBL(Yaoi)の物語。
BLを得意とするシナリオ作家と、サウンドクリエイターのオリジナル味あふれる音楽、美しい CGが耽美極まる劇中劇の世界を盛り上げます。


世界各国から一芸に秀でた優秀な学生が集められる私立「夢蘭学園」高等学校。
夏合宿に集まった学生達は、昭和の日本の文豪 太宰治が書いた”走れメロス”をもとに劇の稽古をすることになる。
劇のシナリオを引き受けたのは、【宛月純】。 医師を目指して「夢蘭学園」に通っている城ヶ崎拓海の弟で、来年「夢蘭学園」高等学校に入るはずである。
彼に脚本を頼む事になったのは、演劇のサークルを担当する【神崎光】先生。優秀な若い医師でもともと大学病院で忙しく働いていたが、今は週の多くを「夢蘭学園」高等学校の校医として務めている。

”走れメロス”はギリシャが舞台。暴君に捕われ殺される事になったメロスが自分の妹の結婚式にでるため、友人を自分の代わりに暴君に差し出し、必ず自分はもどってくるからと身代わりを頼んだところから始る。
友情を信じない暴君は、自分の性悪説を立証する為にもメロスが時間内に戻らなかった場合は友人を処刑する事を条件にメロスの申出を許す。結婚式に出て帰ろうとするメロスに様々な困難が襲いかかり、友人が処刑されるまでに戻れるのか怪しくなってくる。
メロスの代わりに友人は殺されるのか、メロスは愛しい妹家族と別れ、友人の為に殺されに帰るのか。待つのが辛いか、待たせるのが辛いか・・・
人間の信頼と絆を問う物になっている。

純と校医の神崎、夢蘭学園の生徒達はこの劇を演じる事により、それぞれが思う”愛のカタチ”と対峙する事になる。。










▼ゲームスタート▼
恋学園BL編

(C) KOYONPLETE, Inc.